ホーム > 鍼灸 > 鍼灸治療

鍼灸治療

鍼の治療?

鍼

鍼治療は、世界的にも認められている手技の一つで、薬を使用しないで自分の本来持っている治癒能力を高めるということで高価な医療とされている国も多く存在します。 また、副作用もなく、薬品も使用しないことから、アレルギー体質の方や、薬に抵抗があるという方も多く利用されています。 ご自身の体調管理や原因がはっきりしない「痛み」や「だるさ」、「全身の倦怠感」、病院では異常がないと言われたが、実際に「痛み」や「違和感」がある方、是非一度来院されてみてはいかがですか?

 

鍼治療 =「痛い」というイメージでしょうか?

治療に使用する鍼は、髪の毛よりも細い鍼を使用いたします。人によっては全く鍼が入っていることに気がつかない方もおられる程です。 注射のような痛みとは、全く違います。
どうして鍼で痛みが軽減するのでしょうか?
東洋医学的に言えば、経絡や気の流れと言うことにもなりますが、一般的には馴染みがないでしょう。
では、西洋的に言えば、一つの考え方として言えば転んだりした時に、怪我をしたとしましょう。 怪我をすれば最初に組織が損傷して血が出ます。損傷する事によって、身体は怪我を修復しようとします。その時に組織は活性化されるわけです。
それは、鍼によって皮膚や筋肉を傷つけることと同じです。
肩こりの場所を傷つける、その筋肉を損傷させる、損傷させると損傷部位が活性化されて、新しい血液や細胞が集まってくる、新しい細胞が集まるということは、今まであった古いものが押し流されるということにもなります。
新鮮な細胞で鍼の場所を活性化させれば、血液の流れも良くなり筋肉も柔らかくなります。 ただ、これはたくさんの中での一つの考え方で、他にもさまざまな効果や理論があります。

 

マッサージでも同じじゃないの?

マッサージは皮膚の上から指圧等で押すことにより、筋肉を伸ばしたり揉んだり摩ることにより、血液やリンパの流れを良くしたりといったことが一般的です。
例えば押すということで考えれば、皮膚に近い筋肉であれば同じかもしれません。 では、皮膚より2cm下では?4cm下であればどうでしょう? 刺激は表面からなので深くなるほど刺激は弱まります。また刺激を深い位置に与えようとすれば、表面からの刺激は強くせざるえません。

 

では、鍼はどうでしょうか?

簡単なことです。深くても浅くても狙った場所を刺激することができます。 文字通り「ピンポイントで狙う」ことができて「かゆい所に手が届く」です。 そして、何よりも大きな特徴は直接神経に触ることもできることが一番の違いです。この行為は整体でもカイロでもマッサージでもできない、正に鍼だけの刺激でしょう。神経を触ることができる、ですから解剖学や生理学は、もちろんさまざまな勉強を経て国家試験という国の許可証を持つ技術になるのです。
肩こり・腰痛・全身倦怠感はもちろん、さまざまな疾患に効果を発揮します。

 

お灸の治療?

灸

お灸は艾(モグサ)と言われる植物の葉を乾燥させて作られる物で、直接肌に密着させるお灸から、間に空気や生姜、ニンニク等を挟むお灸まであります。 大半の方がイメージされている、大きな山のようなお灸で痕が残るタイプは打膿灸と言われ、今は一部の地域で行われているかも知れませんが、当院では行っておりません。
当院では、直接のタイプは、米粒程度の大きさ、もしくは米粒の半分の大きさのもので、大半は間に空気が入っている温灸と言われるタイプを使用しております。

 

では、お灸ってどんな効果があるの?

お灸はサウナやお風呂と違って短時間で皮膚に熱が浸透します。そして、受容器と言われる身体のセンサーのような受容器に反応して、筋肉を緩めたり、神経に作用して副交感神経が優位になると言われております。副交感神経の優位とは言わば身体が回復する時や眠る時に強くなる神経の状態です。
併せて、お灸をすると周囲が軽く紅くなり鍼と同じような身体組織の活性化の作用もあります。 冷え症・不眠・肩こり・腰痛・ストレス・全身倦怠感等に特に効果を発揮します。

ページのトップへ戻る