ホーム > トレーニング > パートナーストレッチ

パートナーストレッチ

一人では伸ばせない筋肉を伸ばすことができる

自分自身でストレッチの姿勢をとると、ストレッチしたい筋肉の反対側に力が入り、効果的に伸ばすことにブレーキがかかりやすいです。
パートナーに身をまかせてストレッチを受けると、余分な力みが減り、一人ではストレッチがしにくい長さまで筋肉を伸ばせるのと、一人ではとれない姿勢がとれて伸ばすことができない筋肉を伸ばせます。

 

一人では伸びていることに、気が付けない筋肉を感じられる

硬くなっている筋肉や、使ってこなかった筋肉は、脳から指令をだしても動けなくなります。筋肉を伸ばせない、感じない様になり、ストレッチの正解がわからなくなっていきます。
パートナーは、関節の動きや力の入り方から、硬くなっている筋肉を見つけアプローチします。自分では気付いていない方向や範囲まで身体が動くことに気付くことがあります。

そして、自分自身で筋肉をストレッチ&動かすことから「ケガのしにくい身体」「動かしやすい、疲れにくい姿勢」「美しい、自然な動き」から、充実した時間が広がります。

ページのトップへ戻る